知られざる国

0

    塾生のみんなは知っていることですが、
    塾長のワタクシ、世界あらゆる国を放浪した経験があります。





    「遠くに行く」とか「長時間乗り物に揺られる」とかが
    全く苦ではないので、
    今でも時間さえ取れれば、どこでも行ってやろうと企んで止みません。
    趣味というより、ライフワーク的な位置づけです。





    自分の塾を立ち上げた今もそれは変わらず…
    ちょっと前になりますが、
    各方面に協力していただいて、
    数日の時間を作りました。





    そしてッ!
    行ってきましたよ南の島??







































    ナウル共和国!!






































    …ってどこだよ!!








































    ナウル共和国とは太平洋に浮かぶ、
    世界で3番目に小さい国
    (問題:世界で1番小さい国はどこでしょう?)





    渡り鳥の移動コース上、
    ぽつんと休憩所のような位置にあるため、
    なんとアホウドリの糞が積もって大きくなったという、
    スゴイ島です。





    長い年月をかけて、
    やがてアホウドリの糞は
    リン(元素記号P)という物質に変わりました。
    リンは肥料や金属加工、食品添加物などにも使われるので、
    外国によく売れました。







    ナウルの人々はリンを堀り、
    売るだけで生きていくことができました。
    実際に掘るのは外国人に任せていたので、
    自分たちは一切働かず、
    おカネだけが手に入る生活を送っていたのです。





    ところが、
    何十年かそんな生活が続いたあと、
    (当たり前ですが)
    リンはほとんど掘りつくされてしまいました。





    無くなってから、

    「やべっ!」

    と思っても、もう遅い。





    彼らは長い間働かないでいたため、
    いざというときになって
    働き方がわからない
    のです。





    とりあえず人マネで
    いろいろな事業を始めてはみますが、
    ド素人のやることなので
    ことごとく失敗。





    ついには
    1万人いる国民全員がニート化して、
    未だ解決策が見えないという、
    世界でも珍しい国です。























    当のナウル国民に悲壮感みたいなものは全然なくて、
    みんなニコニコして親切だし、
    徹底したスローライフぶりは、
    彼らなりに幸せそうではありました。
    何もせずに生きていけるのだったら、
    それ自体は悪いことではないような気がします。





    でも、
    何らかの理由で


    「そうではなくなった時」


    に、


    「その変化に対応できるかどうか」




    は、かなり重要な問題だと思うんです。
    大げさでなく、死活問題です。








    ナウルの人々は今後どうするのかわかりませんが、
    これは決して他人事ではありません。




    時代の流れに自分を合わせること。
    勉強でも商売でも何でも、
    生き残りの極意はそこにあるような気がしています。



















    え、
    結局何しに行ったのかって?



    興味があって行ってみたかっただけなんですが…
    観光地でもないナウルに単独で行くやつは相当珍しいらしく、
    乗り継ぎのオーストラリアでかなり怪しまれました(笑)。

    コメント
    コメントする








       

    search this site.

    profile

    書いた記事数:153 最後に更新した日:2017/03/09

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    LINE

    友だち追加数

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM