アフリカのなまず

0

    中間テスト、どーでしたか??
    リアル「ぐうちゃん」こと、塾長です。
    ※「ぐうちゃん」とは、中2国語の教科書「アイスプラネット」に出てくる人物です。







    月末なので宣言通り「世界のお話」を。
    3メートルは無いけど、なかなかデカいぜ。
    この写真は、わしがアフリカの
    「コンゴ民主共和国」
    に行って、実際に撮ったものです。




    コンゴ民主共和国はアフリカ大陸ど真ん中にあって、
    赤道が通っている国


    赤道が通っている = 暑くて雨がたくさん降る
    ということで、
    国土のほとんどが熱帯雨林、ジャングルに覆われています。




    あまりに雨が多すぎるため道を舗装するにできず、
    町から町へのたった一つの道路がこんな状態







    途中からは道自体がなくなって、
    船で何週間もかけて川を下るしかないという、
    ちょっと日本では考えられない状況で移動していきます。

    その船も鉄の板をつなげて浮かべた▲こういうので、
    船の上に店があったり、家畜も飼っていたり、
    移動中に生まれる子ども病気で死んじゃう人もいて、
    もはやマンガに出てきてもおかしくない「移動する村」。







    あとは日本だと上野動物園やズーラシアにいる
    珍獣「オカピ」が見られたり、
    身長が大人の男性でも150cmくらいの
    「ピグミー」という人々が居たり、
    思い出すだけでドキドキワクワク、
    楽しいコンゴ民主共和国.



    最近は外務省から一部地域に「退避勧告」が出ているようですね。
    (※地図中の赤い部分


    「退避勧告」ってのは、
    まあ要するに警察とかが機能していないから
    「行っちゃダメ」「危ないから近づくな!」というエリアなんですけど、
    チラッと周辺諸国も見てみたらま〜真っ赤!!


    ちなみに
    右上の「イラク」「シリア」と書いてあるあたりが
    一時期有名になった「イスラム国」の活動地域
    です。
    それと同じ危険度ってことは…

    よい子は行っちゃダメだからね!!
    (ゼッタイ行かないと思うけど)





    わしがアフリカに滞在していた当時は
    ここまで真っ赤ではなかったですが、
    それでも大陸のほとんどは「オレンジ色」に塗られている状態。


    昔からアフリカという土地は
    「危ない」「怖い」
    というイメージがあったので
    行くのに多少勇気が要るんですが、
    もし当時、ビビって行くのを躊躇(ちゅうちょ)していたら、
    今こうして「本当に行けない状態」になって、
    永遠に行けなくなるかもしれないところでした。




    現地に一日も早く平和が戻ることを
    第一に願うのはもちろんなんですが、



    やりたいことがあるのなら、何事も

    「すぐにやる」

    という意識が大切だよなーと、改めて思います。




    今回はこの一言だけですが…
    この国には個人的に特別な思い入れがあるので
    このあと何回も登場して、
    いろいろ語りたいと思っています。

    コメント
    コメントする








       

    search this site.

    profile

    書いた記事数:155 最後に更新した日:2017/03/09

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    LINE

    友だち追加数

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM